画像:神戸町より

今より千二百年余前、伝教大師・最澄が東国に天台宗を広めるべく神戸町に日吉神社を建立しました。
毎年五月には真夜中の神事が行われ、暗闇の中数百本の松明に照らされた七基の神輿が町を駆け抜けます。
また、バラの産地としても有名で、初夏には香り高い数多くのバラが咲き誇ります。

そんな、美しい自然と花に囲まれた 「歴史とバラの町」から 四季彩々の 季節の味をお届けします。

神戸町特産の小松菜を練り込んだ、ほんのりきな粉風味のお子様にも食べやすいシンプルなケーキ

凛とした鳥居の立ち姿を表現 日吉新宮の神紋を配した 伝統の焼菓子です。

1本入り・2本入り

郷土に伝わる夜叉ケ池伝説をモチーフに、枝豆の餡を透明な葛で包んだ逸品。

4個入り

羊羹なのにチョコレート!ようかんとカカオの絶妙なブレンド 珈琲にも日本茶にも合う 新しいスイーツ

バラの香りは、心を穏やかにし、美しさを保つといわれています。 バラのエキスを生地にもクリームにも使った贅沢なロールケーキです。 爽やかな口当たりと、ほんのりとした香りをお楽しみください。